シミを改善するサプリメント(健康食品)の特徴

サプリメントは栄養素を補って予防することを目的としているので、メラニン色素(シミの元になるもの)の生成を抑える成分が入っているというだけです。

 

しかも販売するための厳しい品質基準がなく、効果や安全性が保障されていません。

 

では、サプリメントを選ぶ利点は何なのか?長所と短所をまとめたので参考にして下さい。

長所

  • 美白成分以外の有効成分も入っている(ビタミンやコラーゲンなど)
  • 副作用の心配がない

短所

  • 効果がはっきりと証明されていない
  • 継続して飲み続けないと効果が表れにくい
  • 成分や含有量を表示する義務がないので、栄養素をしっかり摂取できているのか不安になる
人気美白サプリメント

 

マスターホワイト

 

インナーロックSX

 

オルビスユー ホワイトインサイトフォーカス

 

ピクエース

シミを改善する薬(医薬品)の特徴

薬の場合、予防だけでなく改善・治療も目的としています。

 

医薬品と認められるには、効果や安全性などの試験を受けて、定められているガイドラインを超えなければいけません。

 

そのためメラニン色素の生成を抑制し、今あるシミを追い出す美白効果が認められています。

 

シミを改善する薬を摂取した場合の長所と短所を調べてまとめてみました。

長所

  • 美白効果が認められている
  • 効果を実感しやすい
  • 成分や含有量が表示されているので、安心感がある

短所

  • 副作用のリスクがある(第三医薬品の場合、リスクは低い)
美白に効果的な薬

 

ロスミンローヤル

 

シミトール

 

キミエホワイトプラス

サプリと薬の違いを比較

サプリメント
分類 健康食品 医薬品(※)
効果 予防 予防・改善
配合成分 ヒアルロン酸コラーゲンビタミンE L-システインアスコルビン酸トラネキサム酸
価格 2,800円〜 1,900円〜


(※)
第一類医薬品:副作用の危険性が高く、薬剤師以外は販売できません。(処方箋が必要)
第二類医薬品:副作用の危険性があるが、第一類医薬品よりはリスクが少ないです。薬剤師以外からも購入できるが、対面販売が条件になっています。
第三類医薬品:副作用の心配がほとんどなく、ネット通販でも販売が可能です。

 

サプリメントと薬と比較すると、含まれている成分と効果の違いが分かります。
色んな成分をバランスよく摂り、健康を維持したい人はサプリメントでも十分ですが、シミを根本から消したいのなら薬を選んで徹底的に内側からケアをするのが一番です。

 

薬の場合、有効成分が配合されているので、サプリメントを試して効果がなかった人にもオススメです。

 

第三医薬品の商品だったら、副作用の心配もなく、美白に効果的な成分を効率よく摂取できますよ。